印鑑登録について


ページ番号1000486  更新日 平成28年8月25日


印鑑登録証明書を取得するために必要


印鑑登録証明書は社会生活の中で広く利用されているとともに、登録者の財産などにかかわる大変重要なものです。そのため、印鑑登録申請に際しては、次の2点について確認を行っています。

  1. 申請者が本人であること
  2. 申請が本人の意思に基づくものであること

また、登録後にお渡しする「印鑑登録証」は、印鑑登録証明書の交付を受けるために必要なものですので、大切に保管してください。

印鑑登録の制限

登録できる人
常滑市に住民登録をしている人
ただし、15歳未満の人と成年被後見人は登録できません。
登録できる印鑑
  1. 住民票に登録されている氏名を表示したもの
  2. 住民票に登録されている氏だけを表示したもの
  3. 住民票に登録されている名だけを表示したもの
  4. 住民票に登録されている外国人住民の通称を表示したもの
  5. 住民票に登録されている氏名または外国人住民の通称の一部を組み合わせて表示したもの
  6. 住民票の備考欄に片仮名表記で氏名が記録されている外国人住民の当該片仮名表記またはその一部を組み合わせて表示したもの

1〜6のいずれか一つにあてはまるもので、かつ、次の「登録できない印鑑」のいずれの項目にも該当しないもの。

登録できない印鑑

など

登録できる数
登録できる印鑑は、一人につき一個です。
登録できる場所
市民窓口課(1番窓口)
登録できる時間
月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分
※水曜日は、その場で登録できる条件に合う場合に限り、午後7時15分まで
※年末年始および祝日を除く

登録の申請手続

登録を申請しても、その場で登録手続が完了しない場合があります。
印鑑登録証明書が必要となる場合には、期日に余裕をもって、事前に登録を済ませましょう。

本人申請の場合

顔写真付きの本人確認書類がある人

持ち物
登録手続

顔写真付きの本人確認書類がない人(保証人がいる場合)

持ち物
登録手続

顔写真付きの本人確認書類がない人(保証人がいない場合)

申請するときの持ち物
申請するときの手続
照会書が届いたら
回答書を持参するときの持ち物
回答書を提出するときの手続

代理人申請の場合

印鑑登録申請は、登録する本人が窓口に出向くことを原則としています。
しかし、やむを得ない理由で本人が窓口に出向くことができない場合は、代理人による申請を行うことができます。
代理人による申請の場合には、委任の旨を証する書面が必要となります。

代理人申請

申請するときの持ち物
申請するときの手続
照会書が届いたら
回答書を持参するときの持ち物
回答書を提出するときの手続

このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


総務部 市民窓口課
〒479-8610 愛知県常滑市新開町4丁目1番地
電話:0569-47-6102


[0] 常滑市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) Tokoname City, All Rights Reserved.